天王寺、阿倍野の歯科 / 新患・急患随時受付

06-6623-0648

歯周病の治療

歯周病は知らず知らずのうちに進行する

歯周病は、痛くならず自覚症状がほとんどないまま年数をかけて進行します。
だから、気づいた時には、末期状態になっていることが珍しくありません。 歯周病とは、歯茎の病気の総称であり歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎、他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎と呼びます。実は、人類史上最も感染者数の多い感染症でもあり、ギネス・ワールド・レコーズに載っているほどなんです。

歯石は細菌のかたまり、増殖して毒素を増す

歯周病の原因は、歯周ポケットの周りに付着したプラークです。それが石灰化した物が歯石で、歯石は暮らしの中で必ず溜まります。
そして、歯石は細菌のかたまりなので、増殖して毒素を増します。
何ヶ月、何年もかけて蓄積された歯石は、気がつかないうちに歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。多くの日本人が入れ歯を使う大きな理由です。

歯周病は30代で8割がかかる。30歳以降はケア年齢

日本における歯周病は、30代で8割がかかる国民病ともいえる疾患です。これは、 欧米各国と比べてダントツに高い数値です。では、なぜ日本には、歯周病で苦しんでいる人が多くいるのでしょう。 その理由は「歯石を定期的に取る習慣があるかないか」だけなのです。
歯石を定期的に取れば、歯周病菌は爆発的に短期間で増殖しません。また、歯周病の進行を大幅に遅らせることもできます。そうすることで歳を重ねても健康な歯でいられるのです。

歯周ポケット3~5mm
歯周ポケット3~5mmイメージ

ブラッシング時に出血がある。この時期の治療はごく簡単に終わる場合がほとんど。

歯周ポケット4~7mm
歯周ポケット4~7mmイメージ

歯茎の痛みが時折出たり、口臭が強くなります。歯を支える骨がかなり破壊されています。

歯周ポケット6mm以上
歯周ポケット6mm以上イメージ

歯がグラつき出します。出血が収まらず、ウミも出て食事に不自由する場合もあります。

はじめよう!予防歯科

一生自分の歯を使うために、しっかり予防

虫歯も、歯周病も、細菌感染が原因で、適切な治療をしなければ症状は悪化します。
現代の歯科医療ではこれらの病気を完全に防ぐことはできません。しかし、病状を抑えて最小限にすることは可能です。そうすれば、いくつになっても美味しく食事ができる健康な歯を保てます。 適切なケアを習慣化していれば、自分の歯で一生過ごすことは、決して難しいことではありません。今悩んでいる歯の不快症状の治療は私たちにまかせてください。
その後は、ご一緒に予防歯科を始めましょう。

歯周外科の治療例歯周外科の症例と治療例をご紹介します

診療内容一覧